マーケティング分析とは?代表的な分析手法について詳しく解説します!

お問い合わせはこちら

マーケティング分析とは?代表的な分析手法について詳しく解説します!

マーケティング分析とは?代表的な分析手法について詳しく解説します!

2024/01/17

今回の記事では、マーケティング分析について詳しく解説していきたいと思います。マーケティング分析は、自社の事業戦略やマーケティング戦略を立案する上で非常に重要な要素です。なぜなら、顧客のニーズや市場動向を正確に把握し、それに基づいた戦略を立てることが、成功への道を切り拓くからです。

マーケティング分析は、広義では市場分析や競争分析も含まれますが、今回は特に代表的な分析手法に焦点を当てて解説していきます。分析手法は様々ありますが、本記事では特に有名なフレームワークや方法について取り上げます。

それでは、マーケティング分析の基礎知識から始めて、代表的な分析手法について順を追って詳しく解説していきます。自社でマーケティング分析を実施したい会社社員や個人事業主の方々にとって、役立つ情報をお届けできるように、丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。それでは、本題に入っていきましょう。

この記事を書いた人

松村昌典

株式会社エムアイエス 代表

山口県山口市(旧:阿知須町)生まれ 立命館大学経済学部卒業

大学卒業後、山口県中小企業団体中央会に入職。ものづくり補助金事務局を9年間担当。

2022年5月に独立し、株式会社Management Intelligence Service(現:株式会社エムアイエス)を立ち上げる。経営コンサルタントとして支援した企業はのべ1,000社以上。ITやマーケティングに関する知見の深さと、柔軟な発想力による補助金獲得支援に定評がある。自らのM&A経験を活かした企業へのM&A支援も得意とする。
「山口県から日本を元気にする経営コンサルタント」を合言葉に、山口県内の企業はもちろんのこと、県外企業へのコンサルティングも積極的におこなっている。

〈保有資格・認定〉

中小企業診断士
応用情報技術者

〈所属・会員情報〉

山口県中小企業診断士協会 正会員
山口県中小企業組合士会 正会員
山口県中小企業家同友会 正会員

目次

    マーケティング分析とは何か?

    マーケティング分析は、企業や個人がマーケティング戦略を策定するために行われる重要なプロセスです。マーケティング分析では、市場のトレンドや顧客のニーズに関する情報を収集し、そのデータを分析して意思決定の基礎を作ります。これにより、企業は効果的なマーケティングキャンペーンを計画し、競争力を高めることができます。

    マーケティング分析の重要性は?

    マーケティング分析は、企業や個人が成功するために不可欠な要素です。市場のトレンドや顧客のニーズを的確に把握することで、効果的なマーケティング戦略を策定できます。また、競合他社の動向や顧客の行動パターンを分析することで、市場の変化に適応し、競争力を維持することも可能です。マーケティング分析は、迅速な意思決定とリスクの最小化にも貢献します。

    代表的なマーケティング分析手法とは何ですか?

    マーケティング分析にはさまざまな手法がありますが、代表的なものをいくつか紹介します。

    SWOT分析

    SWOT分析は、企業の強み(Strengths)と弱み(Weaknesses)を把握し、市場の機会(Opportunities)と脅威(Threats)を分析する手法です。これにより、企業は自己評価を行い、競争優位性を確立するための戦略を立てることができます。

    PESTEL分析

    PESTEL分析は、外部環境の要因を分析する手法です。政治的(Political)、経済的(Economic)、社会文化的(Socio-cultural)、技術的(Technological)、環境的(Environmental)、法的(Legal)な要素を考慮し、市場の変化や機会を把握することができます。

    4P分析

    4P分析は、商品(Product)、価格(Price)、販促(Promotion)、流通(Place)の要素を分析する手法です。これにより、企業は自社の商品やサービスを市場に適切に配置し、競争優位性を確保することができます。

    5C分析

    5C分析は、顧客(Customers)、競合他社(Competitors)、企業(Company)、協力者(Collaborators)、コンテキスト(Context)の5つの要素を分析する手法です。自社の顧客や競合他社の特徴を理解することで、マーケティング戦略の立案や差別化を図ることができます。

    マーケットセグメンテーション

    マーケットセグメンテーションは、市場を一定の特徴に基づいて細分化する手法です。顧客のニーズや行動パターンに着目し、異なるセグメントごとに効果的なマーケティング戦略を展開することができます。

    顧客セグメンテーション

    顧客セグメンテーションは、顧客を特定のグループに分ける手法です。この手法により、企業は異なる顧客層のニーズや行動を理解し、ターゲット市場に合わせたマーケティング戦略を展開することができます。

    RFM分析

    RFM分析は、顧客の購買履歴を基に、顧客の価値を評価する手法です。Recency(最近の購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(購買金額)の3つの要素を考慮し、顧客のセグメント分けやターゲティングに活用することができます。

    マーケティング分析手法の歴史

    マーケティング分析の起源

    マーケティング分析は、マーケティング活動の効果を評価し、意思決定をサポートするために開発された手法です。その歴史は古く、1950年代にアメリカで始まりました。当時、企業は市場における競争力を高めるために、より科学的な手法を求めていました。

    1960年代-1980年代:伝統的なマーケティングミックス

    1960年代から1980年代にかけて、マーケティング分析は伝統的なマーケティングミックスの分析に重点を置いていました。4P(Product、Price、Place、Promotion)と呼ばれる要素を分析し、市場のトレンドや消費者のニーズを理解するための手法が開発されました。

    1990年代-2000年代:顧客重視のアプローチ

    1990年代に入ると、マーケティング分析は顧客の視点に焦点を当てたアプローチへと移行しました。顧客のニーズや行動を把握するために、市場調査や顧客セグメンテーションなどの手法が発展しました。また、データ収集やデータマイニング技術の進歩により、より詳細な分析が可能になりました。

    2010年代-現在:デジタル時代の到来

    2010年代に入ると、インターネットの普及とデジタルテクノロジーの進化により、マーケティング分析はさらに進化しました。ウェブ分析やソーシャルメディア分析などのデジタルマーケティング分析手法が登場し、より効果的なマーケティング戦略の立案が可能になりました。また、AIや機械学習などの技術の発展により、より高度な予測や予測分析が可能になりました。

    マーケティング分析のメリット

    1.戦略的な意思決定のサポート

    マーケティング分析は、ビジネスの戦略的な意思決定をサポートするための重要な手法です。分析を通じて、市場のトレンドや競合状況、顧客行動などのデータを把握することができます。これにより、企業や個人事業主はより正確な情報に基づいて戦略を立てることができ、競争力を高めることができます。

    2.マーケットのニーズを理解する

    マーケティング分析は、顧客のニーズや要求を理解するための手法としても有用です。分析を通じて得られたデータを基に、顧客の嗜好や需要動向を把握することができます。これにより、製品やサービスの開発や改善において、顧客の期待に応えることができます。

    3.効果的なマーケティング戦略の立案

    マーケティング分析は、効果的なマーケティング戦略を立案するための手法としても利用されます。分析を通じて得られるデータを基に、ターゲット市場のセグメンテーションやプロモーション戦略の適切な選択を行うことができます。これにより、広告や販売促進活動の効果を最大化し、効率的なマーケティング活動を展開することができます。

    4.競合分析の実施

    マーケティング分析は、競合状況を分析するための手法としても役立ちます。競合分析を通じて、競合他社の市場シェア、商品特徴、価格戦略などを把握することができます。これにより、自社の競争力を評価し、差別化戦略や競争優位性の構築に活かすことができます。

    5.ROI(投資収益率)の向上

    マーケティング分析を実施することで、ROI(投資収益率)の向上が期待できます。分析により、マーケティング予算の割り当てや効果測定が可能になります。これにより、費用対効果の高いマーケティング活動を展開し、ビジネスの成果を最大化することができます。

    以上が、マーケティング分析のメリットです。企業や個人事業主がマーケティング分析を積極的に活用することで、より効果的なマーケティング活動を展開し、競争力を向上させることができます。

    マーケティング分析のデメリット

    1. 高度な知識とスキルが必要

    マーケティング分析は、専門的な知識とスキルを要します。データの収集や分析に関する知識が必要であり、統計学やデータマイニングの知識も必要です。また、分析手法やツールの選択、データの解釈なども重要なスキルです。これらの知識とスキルを持っていない場合、正確な分析や有益な結果を得ることが難しくなります。

    2. 高いコストと時間の負担

    マーケティング分析は、データの収集や分析にかかるコストや時間がかかります。データの収集には調査やアンケートの実施、データの整理やクリーニングなどが必要です。また、分析には専門的なツールやソフトウェアの使用が必要な場合もあります。これには高いコストがかかるだけでなく、時間もかかるため、予算やスケジュールの制約がある場合には難しいかもしれません。

    3. 結果の解釈と活用が難しい

    マーケティング分析の結果を正しく解釈し、それを実際のマーケティング戦略や施策に活用することは容易ではありません。データや分析結果は客観的な情報を提供しますが、その解釈や活用は主観的な要素も含まれます。マーケティングの専門知識や経験が必要となります。また、分析結果に基づいて戦略や施策を決定する際には、他の要素や市場の変化なども考慮する必要があります。

    4. データの品質や信頼性の問題

    マーケティング分析においては、データの品質や信頼性が重要な要素です。データの収集方法やサンプルの選択方法によっては、偏りやバイアスが生じる可能性があります。また、データの取得元や精度にも注意が必要です。データの品質や信頼性に問題がある場合、正確な分析結果を得ることが難しくなります。

    5. 競合他社との差別化が難しい

    マーケティング分析は、自社の競合優位性を確保するために重要な手法です。しかし、同様の分析手法やフレームワークは競合他社にも利用されている可能性があります。そのため、分析結果を活用して差別化を図ることは容易ではありません。他社との競争に勝つためには、より洞察に基づいた分析や戦略が求められます。

    以上が、マーケティング分析のデメリットです。これらのデメリットにもかかわらず、マーケティング分析は企業や個人事業主にとって重要な活動であり、効果的なマーケティング戦略や施策の策定に不可欠です。

    マーケティング分析の注意点と初心者が気をつけるべきこと

    データ収集の正確性を確保する

    マーケティング分析を行うためには、正確なデータの収集が欠かせません。データの収集方法やツールの選定には注意が必要です。正確なデータを収集するためには、適切なサンプルサイズの設定やデータの信頼性を確認するための検証が重要です。初心者の方は、データの収集に時間をかけて丁寧に行いましょう。

    フレームワークの選定に注意する

    マーケティング分析では、様々なフレームワークや手法が存在します。初心者の方は、自社の目的や課題に合ったフレームワークを選定することが重要です。一つのフレームワークにこだわるのではなく、複数のフレームワークを使い分けることでより深い洞察が得られる場合もあります。適切なフレームワークの選定には、マーケティングの知識や経験が必要ですので、必要であれば外部の専門家のアドバイスを活用しましょう。

    分析結果の解釈に注意する

    マーケティング分析を行っても、結果が必ずしも直感通りになるとは限りません。初心者の方は、分析結果を冷静に客観的に解釈することが求められます。分析結果が意図しない結果であった場合でも、その原因を探り、改善策を見つけることが重要です。結果の解釈には十分な知識と経験が必要ですので、分析に不安がある場合は、専門家や経験豊富な同僚に相談することもおすすめです。

    継続的な分析と改善を行う

    マーケティング分析は一度行ったら終わりではありません。市場環境や顧客ニーズは常に変化しているため、定期的な分析と改善が必要です。初心者の方は、分析結果をもとに改善策を実施し、その結果を再び分析することで、マーケティング活動の効果を最大化することができます。継続的な分析と改善を行うことで、競争力を高めることができるでしょう。

    マーケティング分析は、企業や個人事業主にとって重要な活動です。初心者の方でも注意点を押さえながら取り組むことで、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。データの正確性やフレームワークの選定、分析結果の解釈、継続的な分析と改善に気をつけながら、マーケティング分析に取り組みましょう。

    マーケティング分析の基本とは?

    マーケティング分析とは、企業や個人事業主が事業や製品のマーケティング戦略を立案する際に行う重要な手法です。マーケティング分析には様々な手法やフレームワークが存在し、それぞれの特徴や使い方を理解することで効果的な分析が可能となります。

    まとめ

    マーケティング分析は、自社の事業や製品のマーケティング戦略を立案する際に欠かせない手法です。SWOT分析やPESTEL分析、5C分析、マーケットセグメンテーション、RFM分析など、様々な手法やフレームワークが存在し、それぞれの特徴や使い方を理解することが重要です。これらのマーケティング分析手法を活用することで、効果的なマーケティング戦略の立案やビジネスの成果向上につなげることができます。是非、自社でのマーケティング分析に挑戦してみてください!

    マーケティング分析は、自社のビジネスを成功させるために不可欠な手法です。代表的な分析手法を理解し、適切なフレームワークを使って分析を行うことで、効果的なマーケティング戦略を構築することができます。今回は、マーケティング分析の基礎知識や代表的な手法について詳しく解説しました。

    まず、マーケティング分析の目的や意義についてお伝えしました。自社のビジネスにおいて、どのような市場課題やニーズが存在するのかを把握するために、マーケティング分析は重要な役割を果たします。また、競合他社の動向や市場トレンドを把握することで、自社の競争力を高めることも可能です。

    次に、代表的なマーケティング分析手法について解説しました。市場調査や消費者インサイトの分析、競合分析、SWOT分析、5C分析など、様々な手法があります。それぞれの手法の特徴や使い方について詳しく説明しましたので、ぜひ参考にしてください。

    最後に、マーケティング分析を実施するための具体的な方法についてお伝えしました。まずは、分析の目的や課題を明確にし、適切なフレームワークを選択することが重要です。また、データの収集や分析、結果の可視化といったプロセスを適切に行うことも大切です。正確な情報をもとにしたマーケティング戦略の策定には、信頼性のあるデータと的確な分析が欠かせません。

    以上が、マーケティング分析とは?代表的な分析手法について詳しく解説した記事のまとめです。自社のビジネスを成功させるためには、マーケティング分析を積極的に活用することが重要です。ぜひ、この記事を参考にして、自社でのマーケティング分析に取り組んでみてください。きっと効果的な戦略策定につながるはずです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。